上京してはや4年。

(え?関西出身なんですよ!私!)

 

 

温かい出来事がありました。

 

 

 

とある、曇りの朝。まいっか!と傘を持たずでた零時。

 

 

そうゆう日に限って、なぜか、昼かたガッツリ雨。

(ほんまに憂鬱なるやつ。)

 

 

ビシャビシのジャケットを着て、外回りをしている最中、

とあるオフィスビルにて。

 

 

 

清掃のお婆様が。

「雨大変やねぇ。茶色い傘あげる!」と。

 

 

 

 

 

あまりにも唐突すぎる、かつ、京都でも言われたことのない

優しい言葉に、こう想いました。

 

 

東京ってあったかい街やぁぁあぁ

 

 

 

そのまま傘をいただくことに。

手渡されたのは、茶色傘ではなく、ビニール傘。

 

 

 

こっちのが使いやすいやろうとのこと。

(どっちも変らないかな?笑)

 

 

いい気持ちで、ビニール傘をさし、いざ次のアポイントへ!

 

 

 

 

 

ふと周りを見ると。

 

 

あれ?

 

 

 

このオフィスから出てくる人は皆、茶色傘を使ってる。

 

そして、何やらビル?会社?の名前が入っている。

 

 

 

 

おばあちゃん!!!それ会社の貸し出し傘では!!!!

貸したあかんやつちゃうん!!!!

 

 

以後、その会社はきっと傘忘れ難民になったことでしょう。

 

 

 

優しい清掃のおばあちゃん。ありがとう!